マラッカに旅行に来た際一度は訪れてほしいのが屋台村。ローカルはフードコートと呼んでいて、屋外にあります。

フードコートは中央に飲食スペース、その周りを囲むように料理ごとのブースが立ち並んでいるのが一般的です。何度か通うと気づかれるかもしれませんが、フードコート自体は飲料を提供する方たちによって経営されており、各料理人にブースの出店スペースを貸し出すことにより、フードコートとして営業が成り立つ仕組みになっています。

朝食〜昼食の午前7時半頃から午後昼2時頃までの時間帯、もしくは午後5時頃から深夜にかけて営業している夕食専用のフードコートがあります。
初めてフードコートを訪れたら各ブースを回り、どんな料理が作られているのか見てみるといいかもしれません。そして美味しそうなものを発見したらその場でオーダー。せっかくなので色んなブースで個々にオーダーすると楽しめると思います。そして席に着いて待っていれば、出来上がった料理から運ばれて来るので、その都度お会計します。

先に席を確保してから周りを見渡し、お目当の料理を見つけてオーダーしに行っても構いませんが、席を立つ際は荷物だけ置いて離れたりせず、旅行パートナーに着席してもらった方がいいかも。時間帯によっては席を立った瞬間に別のお客さんがすぐに座ってしまいます。逆に言えば満席の時はもう食事が終わっているテーブルの近くで待機し、空いたら確保。間も無くテーブルの掃除をしてくれます。

一度着席するとすぐにドリンクのオーダーを取りに来るので初めは戸惑うかもしれません。ほとんどの場所はドリンクメニューがない上に、仮にあったとしても分かりずらいです。

そこで無難に注文出来るのがチャイニーズティー。いわゆる麦茶やほうじ茶のようなもので、特別美味しいものではありませんが、甘みのない数少ない飲み物の1つです。冷たいお茶でしたらチャイニーズティーアイスと伝えましょう。

その他の屋台で楽しめるドリンクについてはまたご紹介します。

Advertisements